HOME> BOOKS > 大学入試 出口の好きになる現代文 センター対策編

大学入試 出口の好きになる現代文 センター対策編
大学入試 出口の好きになる現代文 センター対策編
定価¥1,300円(+消費税)
水王舎
大学入試 出口の好きになる現代文 センター対策編
(別冊問題集 付)

出口の好きになる現代文
センター対策編
著 / 出口 汪
「小論文対策編」10月刊行予定
☆ これ1冊で、センター試験問題の傾向と対策は完璧!!
☆ 素早く解く、出口式マークセンス方式の解法を伝授!!!
目次

評論編
01 『資本主義と「人間」 』 岩井克人 2010年出題
02 『かんけりの政治学』 栗原 彬 2009年出題
03 『鐔』 小林秀雄 2013年出題
小説編
04 『故郷』 太宰 治 2002年出題
05 『彼岸過迄』 夏目漱石 2008年出題
06 『たま虫を見る』 井伏鱒二 2012年出題
 

「編集者のつぶやき」

ディーズプロ 江沢規予

 ~「論理力=スピード力」で満点を狙おう!!~
 「センター試験は、マークセンス方式だし、そこそこ点が取れるから勉強しなくてもいいや」と思っている、そこのあなた!! ぜひ本書で学習し「満点」を狙ってください!! 確かに、マークセンス方式なので、0点ってことは、まずないでしょうし、ある程度点がとれる可能性はありますよね。(誤読すればひどい点になってしまう可能性もありますが・・・・・・。)
 でも、本書で学習すれば、自信を持って選択肢を選び、かつ素早く答えることができるようになります。
 『論理入門編 上 下』で培ってきた、「論理的読解力」を総動員して実践的な学習に取り組みましょう!!

 センター試験問題は、各意味段落の要点を正確に読み取ったかどうかを試してくる設問になっていますから、文章を論理的に理解し、整理しながら読んでいけば、自ずと答えは出てしまいます。
 あとは、選択肢に引っかからないように、よく吟味するだけです。
 選択肢は、書いていないこと「なし」や、間違い「×」、それから「言い過ぎ」等ですが、 表現が巧みに変えられているものなどは、迷ってしまいますよね。
 でも、論理的に文章を整理できていれば、どの部分が、本文と対応しているのか、何が大切な部分なのか、明確にわかるようになってきます。
 だから、選択肢同士を比べ、どちらがより適切か判断できるようになるのです。
 本書でしっかりトレーニングすれば、自信を持って答えを選べるようになります。

 ぜひ、「論理的読解力」を駆使し、本書にチャレンジしてみてください。 実践力を鍛えましょう!!
購入はこちら