HOME> BOOKS >日本語の練習問題

日本語の練習問題
日本語の練習問題
定価¥1,500円(+消費税)
サンマーク出版



日本語の練習問題
 
著 / 出口 汪
 

 私たちはふだん日本語を意識することはありませんが、私たちが想像している以上に日本語は重要です。とくに「美しい」か「美しくない」か、これが重要なのです

 

 なぜなら「美しい日本語」を身につけた人の言葉は、心の奥深くに響き、人を動かす力がありますが、「乱れた日本語」で話をする人の言葉は心に響かないからです。

 

 私たちは、人とうまく話せない、プレゼンができない、仕事で成果が出ないなど、数々の悩みを抱いています。そしてそれらを解消するとうたった本はたくさんありますが、本当に改善することはなかなかありません。なぜなら、私たちが毎日使っている「日本語」の使い方を変えないと、そもそも伝えたいことすら伝わらず、その結果、会話もプレゼンも人間関係も、すべてがうまくいかないからです。

 

日本語が乱れたままだと、どれだけ会話やプレゼンのスキルを身につけようと、いつまでも悩みは解消されません。しかし残念ながら、近年乱れた日本語を使う人が急速に増えています。

 

そんな時代だからこそ、「美しい日本語」を身につけることで人生を変えてほしいと、出口先生がはじめて「日本語」について熱く語り尽くしたのが本書です。

 

「美しい日本語」に必要なのは「正しい日本語」と「感性」の二つだけ。 これは決して難しいことではありません。日本語の文脈を理解し、自分なりの言葉で伝えることを意識する。それだけで誰でも日本語は美しくなっていくのです。

 

さらに本書では、そのために必要な「日本語の練習問題」を61問厳選して掲載しました。日常生活でついつい誤用してしまいがちな「敬語」の問題をはじめ、梶井基次郎ら近現代の小説や短歌、童話を引用した問題など、日本が誇る名文に触れながら、同時に日本語が美しくなる一冊となっています。

 

日本語が変われば、その人の内面にも変化が訪れ、人生が大きく変わります。
これまで第一線で長く現代文を教えてきた出口先生だからこそ実現した、読むだけで楽しい日本語の練習問題。ぜひご覧いただき、身も心も言葉も美しくなるのを体感してほしいと思います。

 

     


(目次より)
第1章 敬語で誰にでも好かれる人になる
第2章 主語と述語を「正しく」把握する
第3章 接続語で文脈力を鍛える
第4章 感情や意思を伝える表現を身につける
第5章 五感を言葉に取り入れて表現する
第6章 擬音語や比喩を使いこなす練習問題
第7章 総合問題
 
購入はこちら

「編集者のつぶやき」

サンマーク出版 綿谷翔

 

私は学生時代、ずっと「現代文」が苦手でした。テストを受けるたびに、現代文の点数がいつも一番悪く、「苦手科目なんてそんなもんだ」と思っていました。受験シーズンになってもその状況は変わらず、なかば諦めようかと思っていた……そんなときです。
友人に薦められて読んだ参考書が、私の運命を大きく変えました。その参考書とは、もちろん出口先生の参考書です。日本語の仕組みを理解することで現代文を解くその方法に感動を覚え、初めて参考書を「買いあさった」ことを覚えています。おかげで現代文が得意にも好きにもなり、編集者という仕事にも就くことができました。
――数十年にわたり、多くの人の人生を「現代文」を通して変えてきた出口先生。
そんな出口先生が語る「美しい日本語」の話には、本当に今私たちが学ぶべきエッセンスが詰まっています。まさに「自身の集大成」の一冊といえるでしょう。
この言葉は決して大げさな話ではありません。執筆期間、約2年。
これまでほとんど書き直しをすることもなく、鮮やかな原稿を執筆なさってきた先生が、本当に読者に「美しい日本語」を身につけてほしいと願い、「最高の内容」を読者に届けるために決して妥協せず、推敲を重ね、何度も何度も原稿を書き直してきました。そうして2年の歳月を費やして完成したのが本書です。
本書を通して、人生を変えるような、勉強をしてほしいと思います。