HOME> BOOKS >センター現代文で分析力を鍛える

センター現代文で分析力を鍛える
センター現代文で分析力を鍛える
 

真実を見抜くための分析力は、「センター現代文」で育まれる!

センター現代文は、あらゆる教養が詰まった“知恵の宝箱”!
「センター試験はマークシート方式だから簡単」
「難関大学よりレベルは低い」
「小説問題は作家の気持ちを理解できなきゃ解けない」
……いえいえ、とんでもない!
50万人以上が受験する国内最大規模の試験、そんなにぬるいわけがありません。
出題者が考えに考え抜いて選択した珠玉の入試問題を、出口先生の解説で堪能してください!



【本書を読んで身につく力】

☆思い込みにとらわれない「客観的な分析力」
☆文学、政治、経済、哲学、芸術… 幅広い分野の「教養」



センター試験に悪問なし!
「主観」を排した「分析思考」が手に入る、カリスマ講師の名講義が堂々開幕。

<本書の内容>


■第1部 小説

第1章 夏目漱石・森鷗外の文学的世界

  • 漱石の「人間」を見る視線の深さ
  • 鷗外の歴史小説のエッセンス

第2章 近代文学から現代文学へ

  • 天才太宰治の自伝的作品
  • 現実と幻想が入り混じった耽美な世界

第3章 現代文学はどこへ向かうのか

  • 父子無理心中を描いた問題作
  • ネットで話題騒然、女子たちの青春

Column センター試験のこれから



■第2部 評論

第1章 現代社会を理解するための鍵

  • 「子どもの遊び」から現代社会を読み解く
  • 人間は「社会の中心」ではない?

第2章 言語によって世界を再構築せよ

  • 「ことば」が作り出す宇宙
  • 言語は「あいまい」だからよい

第3章 文化・芸術への新しい理解

  • 「芸術がわかるロボット」は可能か?
  • なぜ女は鬼になるのか

Column センター試験の問題は、難関大学と比べて簡単なのか

購入はこちら



「編集者のつぶやき」

大和書房 林陽一

全国の読者の方から、大反響をいただいた『東大現代文で思考力を鍛える』から約半年。待望のシリーズ続編は『センター現代文で分析力を鍛える』です!
「作者が、自分の文章が出題された問題を解こうとしたら不正解だった」なんて話は、よく耳にされるかと思います。私もそんなエピソードを聞くたびに、「小説って受験で読むようなものじゃないよね」と感じておりました。
ですが、そんな考えを出口先生は「“作者でも解けない”のではなく“作者だから解けない”のです」と一刀両断されます!
小説は、読者が“思い込み”や“主観”で読んでしまいがちなもの。その“思い込み”をそぎ落とし、出題者の意図を探り、文中のヒントを探すために必要なものこそが、「分析力」なのです。そしてこれは、受験だけのテクニックではなく、現代社会を騙されずに生き抜くための必須の力なのです。
選りすぐりの珠玉の文章を読んで教養を身につけつつ、出口先生の快刀乱麻の解説で、分析力を鍛え上げてください!