HOME > BOOKS >本当は泣ける漢字の本

本当は泣ける漢字の本
本当に泣ける漢字の本  

【本書の紹介】
「怖い漢字」を知るための予備知識をお伝えしましよう!


Q1.漢字はどのように生まれたか?

A. 主要な説では4000年以上前の伝説の帝王蒼頡(そうけつ)が鳥や獣の足跡にヒントを受けて初めての文字を作ったとされます。


Q2.漢字の形(書体)の変遷は?

A. 甲骨文字→殷~周の時代にかけて「金文」→秦の始皇帝の命で作られた篆書(篆書)→宋の時代に普及し現代に至っている楷書があり、現在は少なくても5万字を超える漢字があります。


Q3.日本への伝来はいつ?

A. 教科書でもおなじみの光武中元2年(西暦57年)に後漢の光武帝贈られた金印「漢委奴国王」という金印が日本に初めて渡った漢字とする説があり、日本に漢字をもたらした人物としては応神天皇16年(3世紀末~4世紀中頃)に朝鮮半島の百済からやって来た王仁(わに)が朝廷に『論語』と『千字文』という漢文の書物を献上したとされます。


【こんな方におススメです】

★ドライアイの人
★最近泣いていない人
★感動したい人
★歴史好きな人
★漢字について知りたい人
★知り合いに漢字についてのウンチクを話したい人

【本書の内容】

  • ・はじめに
  • ・深い感動に泣ける漢字
  • ・強い愛情に泣ける漢字
  • ・人の優しさに泣ける漢字
  • ・切なさ・悲しさに泣ける漢字
  • ・コラム
  • ・おわりに

購入はこちら





「編集者のつぶやき」

水王舎 瀬戸起彦

漢字の歴史・ルーツを書いた本はたくさんありますが、読むと涙が頬をつたう漢字の本は未だかつてありません。
この本は漢字の成り立ちを知ることが出来ると同時に、人の持つ優しさ、愛情、切なさ、悲しみなども分かち合うことができる書籍なのです!漢字に秘められた人間ドラマをマンガで感情豊かに表現しています。号泣必至の一冊です!
私たちの日々の生活において漢字から逃れることはできません。生涯にわたって漢字とはずっとき合っていかなければならないのです。私たちは漢字でものを考え、漢字で表現し、漢字で学習していくのです。その由来を知ることで漢字がさらに身近なものになり、私たちの言語生活がもっと豊かになることを願ってやみません。では、どうぞお楽しみください!